★派遣のデメリットを知ったうえで働いてみよう!★

佐賀は地方都市であるため求人案件は都市部に比べると限られています。したがって、希望の業界で働くには正社員だけでなく派遣やパートも含めて幅広い選択肢の中から見つける必要があります。とは言っても派遣を正社員と同じように解釈してしまえば後々トラブルに発展したり、後悔したりすること間違いなしです。なのでまずは派遣のデメリットを知ったうえで働くようにしましょう。デメリットを事前に知っておけばそれに対処できる方法を見出せるからです。まず、派遣で最も大きなデメリットと言えば労働期間が限られていることでしょう。派遣には3年ルールというものがあり、同一の職場では最長3年しか働くことができません。企業は3年を超えて継続して働いてもらう場合は直接雇用に切り替えなければならないのです。これは正社員登用の活性化を狙った試みですが、実際は3年経てばそこで契約は終了となります。そもそも3年という長期の案件より半年更新の案件が多く、更新がなくて終わる可能性も少なくありません。この雇用の不安定さが派遣を躊躇する要因となっていることでしょう。ただし、1つの職場が終了しても人材派遣会社からまた次の派遣先を紹介してもらえます。したがって、継続的な就業は派遣でも可能なのです。次に派遣を経験した人が最も多く回答したデメリットは交通費の支給が無いことです。求人案件によっては交通費が支給されることもありますが、支給されないケースが意外と多いようです。交通費の支給の有無は契約前に確認できるので忘れずチェックしておきましょう。また、賞与は出ないと思っておいて良いでしょう。賞与は企業の業績が良い場合に従業員に支給される給与となります。雇用主が人材派遣会社である派遣スタッフは外部の人間となるため対象外となります。金銭面はトラブルになりやすいデリケートな問題なので事前にハッキリさせておくことが重要です。他にも重要な仕事は正社員に任されるため、単調な業務になりがちでスキルアップが思うようにできないという声もありました。しかし、派遣スタッフは1つの業界に留まらず様々な業界の職場で働けるので視野が広く柔軟なスキルが習得できると言われています。派遣も捉え方によっては正社員では経験できないような体験をすることが可能となります。ぜひ、働き方の候補入れてみてはいかがでしょうか。