★佐賀でお仕事探し!派遣と契約ならどっちが良いの?★

佐賀は、地方都市であるため都会に比べると求人数も限定的です。したがって、仕事を探すとなると正社員だけでなく派遣スタッフや契約社員など幅を広げて探していく必要があります。正社員は雇用が安定していますが、派遣や契約はそうとは限りません。では、派遣と契約の求人があった場合はどっちが良いのでしょうか。ここでは派遣と契約を比較してみたいと思います。まず、派遣と契約の大きな違いは雇用主の違いです。派遣は人材派遣が雇用主となっており、契約は働く企業となります。大手の人材派遣だと福利厚生が豪華だったり、各種研修制度が整っていたりと充実しています。直接雇用である契約社員の場合は、交通費を支給されることが多く、賞与が貰える企業もあります。派遣の場合は労働契約でしっかりと決められているので残業がなくプライベートな時間を確保できます。いっぽう、契約社員の場合は残業が発生してしまうのでプライベートの時間は平日で期待することは難しいこともあります。ただし、派遣スタッフよりも重要な仕事を任される機会は多く、経験やスキルを磨きたい人には最適です。また、正社員への雇用のチャンスが派遣より高く、継続して同じ職場で働きたい人にもおすすめです。派遣の場合は、労働期間が終了すると更新の可能性もありますが、多くは労働期間終了と同時に契約終了となってしまいます。しかし、派遣の良いところは、人材会社が次の職場をまた紹介してくれることです。契約社員の場合、継続して働けなかった場合はまた一から求職活動をしないといけません。企業数が限られている佐賀では内定を1社もらうのも大変です。以上のように派遣と契約には良い面と悪い面がそれぞれ存在しています。プライベートや家族との時間を優先したい、様々な業界でスキルを磨きたいという人は派遣が向いていると思います。いっぽう、1つの会社でキャリアを磨きたい、正社員登用も見据えて働きたいという人は契約でチャンレジする価値があると思います。なので、自分に合ったワークスタイルが実現できるほうを選ぶと良いでしょう。