★佐賀の雇用事情はどうなの?人材派遣でキャリアを磨いてステップアップ!★

佐賀県は九州の北西部、福岡県に隣接する地方都市となります。農業など第一産業が盛んな地域でビールの原料となる大麦や、今やブランド牛として全国的にも有名な佐賀牛で有名です。ただし、医薬品大手の久光製薬といった全国的にも有名な企業の本社があることでも有名です。地方都市なので佐賀県の平均年収は389万円と低いですが、物価がそもそも安いので東京など首都圏に比べると年収400万円程度でも生活に困ることはありません。気になる雇用情勢ですが、佐賀県の有効求人倍率は1.18倍と全国平均の1.43倍と比較すると非常に厳しい状態となっています。ちなみに福岡1.40倍、熊本1.50倍と九州の中でも特に低いのが分かると思います。したがって、限られた求人の中から自分が希望する職場を見つける必要があります。そのため正社員だけでなく、派遣も含めて幅広いワークスタイルで探し選択肢を増やすことが重要です。派遣は雇用の安定性に欠けると敬遠する人もいますが、紹介予定派遣など正社員への道が残された雇用形態もあります。また、残業などないため、プライベートの時間を大事にすることができ、家庭や資格勉強などと両立させることも可能です。佐賀県で働くには自分から積極的に行動に移して職場を見つける必要があります。また、派遣会社や転職サイトに登録する際は、複数のサイトに登録すると良いでしょう。1社に絞るより、まずは門戸を拡げて求人やサポートの質を見極めることが重要です。そして、各社を比較しながら最終的に1社に絞っていくと良いでしょう。佐賀県であれば、佐賀市や鳥栖市に企業が集まっている傾向にあり、求人案件も豊富です。オフィスワークなど派遣の募集がたくさんあるので、正社員志望の方もまずは派遣で経験を積むのも1つの方法です。

http://haken.ahc-net.co.jp/saga/

 

 

 

 

★派遣のデメリットを知ったうえで働いてみよう!★

佐賀は地方都市であるため求人案件は都市部に比べると限られています。したがって、希望の業界で働くには正社員だけでなく派遣やパートも含めて幅広い選択肢の中から見つける必要があります。とは言っても派遣を正社員と同じように解釈してしまえば後々トラブルに発展したり、後悔したりすること間違いなしです。なのでまずは派遣のデメリットを知ったうえで働くようにしましょう。デメリットを事前に知っておけばそれに対処できる方法を見出せるからです。まず、派遣で最も大きなデメリットと言えば労働期間が限られていることでしょう。派遣には3年ルールというものがあり、同一の職場では最長3年しか働くことができません。企業は3年を超えて継続して働いてもらう場合は直接雇用に切り替えなければならないのです。これは正社員登用の活性化を狙った試みですが、実際は3年経てばそこで契約は終了となります。そもそも3年という長期の案件より半年更新の案件が多く、更新がなくて終わる可能性も少なくありません。この雇用の不安定さが派遣を躊躇する要因となっていることでしょう。ただし、1つの職場が終了しても人材派遣会社からまた次の派遣先を紹介してもらえます。したがって、継続的な就業は派遣でも可能なのです。次に派遣を経験した人が最も多く回答したデメリットは交通費の支給が無いことです。求人案件によっては交通費が支給されることもありますが、支給されないケースが意外と多いようです。交通費の支給の有無は契約前に確認できるので忘れずチェックしておきましょう。また、賞与は出ないと思っておいて良いでしょう。賞与は企業の業績が良い場合に従業員に支給される給与となります。雇用主が人材派遣会社である派遣スタッフは外部の人間となるため対象外となります。金銭面はトラブルになりやすいデリケートな問題なので事前にハッキリさせておくことが重要です。他にも重要な仕事は正社員に任されるため、単調な業務になりがちでスキルアップが思うようにできないという声もありました。しかし、派遣スタッフは1つの業界に留まらず様々な業界の職場で働けるので視野が広く柔軟なスキルが習得できると言われています。派遣も捉え方によっては正社員では経験できないような体験をすることが可能となります。ぜひ、働き方の候補入れてみてはいかがでしょうか。

★佐賀で派遣する際の給与事情★

派遣として働くとどういう雇用形態になるのか、どのくらいのお給料がもらえるのかなど疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。特に派遣で働くときの給与事情は一番気になるポイントです。派遣社員として働いている方が実際にはどの程度稼いでいるのかを大まかにご紹介しますので、今後派遣社員として働いていこうかどうかを検討している方は参考にされてみてください。派遣というのは、派遣会社が就業先の企業に働く人材を斡旋する仕組みなので、派遣会社に登録して仕事をする場合、派遣会社の社員となり派遣会社が斡旋した就業先で仕事をすることになります。お給料は就業先の企業ではなく派遣社員は派遣会社からお給料を受け取ることになります。ですから雇用保険や社会保険などは一定期間派遣社員として働けば派遣会社が手続きをしてくれます。気になるお給料ですが、派遣で働くお給料は仕事内容や派遣スタッフのスキル、経験によって異なります。更に、派遣会社と就業先の企業との契約によって派遣社員に支払う時給が決まります。派遣会社の腕次第で高い時給で取引が成立するケースもありますし、逆に安い給与でしか取引が成立しなかったときは派遣社員に支払うお給料も低くせざる得ないのです。勤務条件が同じような事務系の仕事でも派遣会社によって時給が違うのはこのような理由があると考えられます。ですから、派遣で働くときは必ず複数の派遣会社をチェックして時給の設定を比較することが大切です。登録型の派遣のお仕事の給与体系はほとんどが時給制となっていますので、お給料は時給×1日の労働時間×1ヶ月の働いた日数=1ヶ月のお給料となります。もし、残業をした場合は、割増計算となりお給料に上乗せされます。交通費が支給されるかどうかは、派遣会社と派遣先の企業とのやりとりによって異なりますが、交通費は時給に含まれているところが多く、別途支給されるというところは少ないようです。ですから、通勤時間や交通費を考えて、自宅の近くという条件でお仕事を探す方もとても多いです。派遣の仕事を探すときは、時給だけでなく通勤時間、勤務時間や残業の有無などもしっかり確認し、事前に月間でどのくらいのお給料になるかを採用担当にシミュレーションしてもらうことをおすすめします。

たとえば、時給が1,000円、勤務時間8時間、交通費5,000円と時給1,200円、勤務時間7時間、交通費なしで比較すると、

1,000円×8時間×20日出勤・・・

16万円+交通費5.000円=16万5千円

1,200円×7時間×20日出勤・・・16万8千円

となりますので時給がいいからというだけではなく交通費の有無など総合的に見て判断するといいでしょう。

このように、派遣社員として働く方々の約8割弱は時給制で働いていますが、実際に佐賀の派遣社員がどの程度の時給をもらっているのでしょうか。

時給は派遣会社によって異なりますし、職種やスキル・経験などによっても異なりますが、全体的な傾向としてご紹介します。派遣は企業が直接求人を出している一般的なアルバイトの時給と比べると時給は総じて高い傾向にあります。佐賀の事務・販売系職種の派遣社員の場合は、時給900円~1,200までの間で働いている方々が多く、製造・軽作業系職種の派遣社員の方々の場合、時給1,000円未満で働いている方々が大半のようです。時給1,500円以上の求人となると、専門職が多く、資格を持ってる方や実務経験がある方は高い時給で働くことができるようです。派遣として働くときは、まずは派遣会社に登録をしないと詳しい求人情報を教えてもらえないので、まずは気になる派遣会社に登録して求人の詳しい詳細を確認しましょう。派遣会社に登録したからといって必ずそこで働かないといけないなどはありませんので安心して登録に行かれてください。

★佐賀でお仕事探し!派遣と契約ならどっちが良いの?★

佐賀は、地方都市であるため都会に比べると求人数も限定的です。したがって、仕事を探すとなると正社員だけでなく派遣スタッフや契約社員など幅を広げて探していく必要があります。正社員は雇用が安定していますが、派遣や契約はそうとは限りません。では、派遣と契約の求人があった場合はどっちが良いのでしょうか。ここでは派遣と契約を比較してみたいと思います。まず、派遣と契約の大きな違いは雇用主の違いです。派遣は人材派遣が雇用主となっており、契約は働く企業となります。大手の人材派遣だと福利厚生が豪華だったり、各種研修制度が整っていたりと充実しています。直接雇用である契約社員の場合は、交通費を支給されることが多く、賞与が貰える企業もあります。派遣の場合は労働契約でしっかりと決められているので残業がなくプライベートな時間を確保できます。いっぽう、契約社員の場合は残業が発生してしまうのでプライベートの時間は平日で期待することは難しいこともあります。ただし、派遣スタッフよりも重要な仕事を任される機会は多く、経験やスキルを磨きたい人には最適です。また、正社員への雇用のチャンスが派遣より高く、継続して同じ職場で働きたい人にもおすすめです。派遣の場合は、労働期間が終了すると更新の可能性もありますが、多くは労働期間終了と同時に契約終了となってしまいます。しかし、派遣の良いところは、人材会社が次の職場をまた紹介してくれることです。契約社員の場合、継続して働けなかった場合はまた一から求職活動をしないといけません。企業数が限られている佐賀では内定を1社もらうのも大変です。以上のように派遣と契約には良い面と悪い面がそれぞれ存在しています。プライベートや家族との時間を優先したい、様々な業界でスキルを磨きたいという人は派遣が向いていると思います。いっぽう、1つの会社でキャリアを磨きたい、正社員登用も見据えて働きたいという人は契約でチャンレジする価値があると思います。なので、自分に合ったワークスタイルが実現できるほうを選ぶと良いでしょう。

★佐賀県鳥栖市でも多く見かける人材派遣と紹介予定派遣の違いについて★

企業や工場が集まる佐賀県鳥栖市で派遣の仕事を探すときには、派遣会社の求人の中に紹介予定派遣という言葉を目にすると思います。人材派遣と紹介予定派遣とはいったい何が違うのか知っている方はあまりいないのではないでしょうか。ここでは、人材派遣と紹介予定派遣の違いについて解説します。

まず、人材派遣というのは、正社員や契約社員、パートのように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社との間で雇用契約が結ばれます。これに対して紹介予定派遣とは、一定期間派遣として働きますが、期間満了後は派遣先の企業と直接雇用を結ぶことを前提とする派遣のことです。どういうことかというと、一般的に就職をしたら最初の数ヶ月は試用期間となる場合が多いですが、それと同じで派遣期間を試用期間と考えて、企業はこの試用期間を通して紹介予定派遣としてきた派遣社員を直接雇用するかどうかを判断するのです。 直接雇用を前提として働くからといって必ずその就業先に雇用してもらえるわけではなく、あくまでも試用期間ですので、派遣期間中に企業側から直接雇用を断ることもありますし、逆に派遣社員として働く中でこの企業とは合わないと感じれば、直接雇用を断ることもできます。 通常の就職では働く側も企業側も断りにくい状況なのですが、紹介予定派遣ならお互いが判断しやすいのです。紹介予定派遣は派遣会社を通して仕事を探すので、自分だけでは探せなかった企業に出会えたり、就業先との相性も測れますし、転職活動にかかる労力や時間も節約にもなります。紹介予定派遣として募集されている仕事内容は通常の人材派遣の仕事内容と違いが大きくあるかといえば、そうではありません。紹介予定派遣と人材派遣の大きな違いは、派遣期間後に正社員や契約社員として働くことを前提としているかどうかという立場の違いだけなのです。通常は、就業先に派遣社員として企業で与えられた業務を行うのに対し、紹介予定派遣の派遣期間は正社員登用や直接雇用のための試用期間として与えられた業務を行います。また、紹介予定派遣と派遣の違いは事前面談があるか、ないかというところもあります。人材派遣で働く場合、派遣前に就業先の企業と派遣社員が事前面談をすることは禁止されています。一方、紹介予定派遣となると派遣期間後にその就業先の正社員や契約社員として採用されることを前提とした派遣となりますので、企業側からしても事前に選考を行う必要があります。そのため、企業から履歴書の確認や、企業側との事前面談が行われるのです。次に、人材派遣で働く場合、派遣期間は定期的に更新をしなければなりませんし、厚生労働省の派遣法によって派遣として同じ就業先に働ける期間は最大で3年以内と定められています。これに対して紹介予定派遣は正社員登用や直接雇用を目的として試用期間という扱いになるため、派遣期間は最長で6ヶ月となっています。派遣期間の終了時には、就業先側は直接雇用するか、断るかの判断を行う必要があります。また、人材派遣の場合、就業先が派遣社員を直接雇用したくても派遣社員は派遣会社の所属であるため、派遣期間中に雇用契約を結ぶことはできませんが、紹介予定派遣は企業への雇用が前提であるため、両者の合意があれば派遣期間内でも直接雇用することができます。その場合、就業先の企業は派遣会社に人材紹介の相場の手数料を支払う必要があります。このように、人材派遣と紹介予定派遣は派遣として働く期間は業務内容などに変わりはありませんが、雇用の形態などはさまざまな点で違いがあるためこれらのことを考慮したうえで派遣の仕事探しをされるといいでしょう。

 

 

★派遣を長く続けるコツ★

派遣という働き方は、派遣会社から紹介してもらった派遣先企業で決められた契約期間働きます。契約期間が満了したら派遣社員と派遣先企業の双方の同意があれば契約を更新して再度その企業で働きます。自分の条件にあった職場で長く働きたい場合はやはり正社員として働くことをおすすめしますが、派遣という立場で同じ派遣先で長く働きたいと希望する方も多くみられます。ここでは佐賀の派遣を長く続けられるためのコツ、気をつけたほうがいいのとをご紹介します。まず、派遣として同じ職場で長く働けるかどうかは、どんな派遣先・仕事を選ぶかというところが一番のポイントとなります。たとえば、繁忙期などの臨時的な派遣の場合や、産休代行などの限られた期間のみ派遣を依頼している企業では契約更新ができない場合が多いので長く働くことはできません。臨時的な派遣は時給が高いことが多いので、すぐに飛びつきがちですが、契約期間のみしか働けないので契約が満了したら仕事を失ってしまいます。ですから、同じ職場で長く働きたい場合は安易に時給の高さに飛びつかずに、雇用期間はどのくらいなのかを確認したほうがいいでしょう。 次に、派遣として複数の企業で働いた経験がある方や以前は企業の正社員としてバリバリ働いていた方は、経験値と実務スキルが備わっているので実務経験はフルに活用して働くことができますが、前職ではこうだったなど前職と比較しがちになります。前職のルールや風習と比較してしまうと不要なトラブルのもとになりますので、前職のルールや風習はリセット初心に戻るくらいの気持ちで働くことが長く続けるコツといえるでしょう。どんな仕事でも誠実に真面目に仕事に取り組むことは基本中の基本となります。常にスキルアップしていく姿勢を持って仕事に取り組むと派遣先での立派な戦力となるので、派遣先企業からしたらずっと雇用したいと思い、契約更新の可能性が高くなるでしょう。 更に、職場の方たちとのコミュニケーションも大切となってきます。しかし、派遣先の社員の方や、同じ派遣として働く立場の方たちと仲良くすればいいというわけではありません。深か入りして付き合ったためにややこしい人間関係に巻き込まれることもありますので、職場の方たちとはほどよい距離感を保つことも長く続けるコツといえるでしょう。

★派遣を辞める際の注意点★

派遣は、雇用主が職場ではなく人材会社であるため職場の雰囲気や労働環境などは配属されて実際に働いてみないとなかなか把握できないものであります。そのため、自分が思っていた環境とギャップを感じてしまう人も少ないでしょう。そして、派遣を辞めるという選択肢を選ぶ人もいると思います。佐賀県は、工場が多い地域のため、工場派遣が多いですが、給与が高いからと飛びついてしまい労働環境が合わずに辞めてしまう人もいます。辞めるのは個人の自由ですが、人材会社や職場に迷惑をかけずに辞めることがトラブル回避のうえでも重要です。そこで、ここでは佐賀で働く派遣スタッフ向けに辞める場合の方法を紹介したいと思います。

まず、退職の旨を真っ先に伝えるのは雇用主である派遣会社の営業担当です。担当者はいつも仕事や職場に関する相談やアドバイスに乗ってくれているだけでなく、職場と派遣スタッフの間に入っていつも調整を行ってくれているので、退職する際も一番に動いてくれます。間違っても職場のスタッフや上司に最初に伝えることは回避しましょう。職場となる企業は、人材会社と派遣契約を結んで人材を確保しています。途中で辞められるとなると職場にとっては非常に影響が出てくるからです。しかも、人材派遣会社の人が退職する旨を把握していない場合は、担当営業者のあなたに不信感を感じると同時に、スタッフ管理もできていないかと会社や職場の担当者から信用や評価が落ちてしまいます。最低でも退職する1ヶ月前には事前に派遣会社の担当者に伝えることが重要です。契約期間いっぱいは辞めては困ると引き留められるかもしれません。派遣は労働契約通りに働くのが普通で、職場が嫌であれば更新を選択しなければ良いだけの話ですから。ただし、心身ともに疲弊して継続して勤務することが困難な場合、早めに申し出ることで引継ぎの人材確保などの猶予期間があるので承諾されやすいです。それでも職場の不満や契約内容不履行などの理由では退職は困難でしょう。営業担当スタッフの仕事は職場と派遣スタッフの調整役のため、労働環境改善を約束として継続勤務を説得してくることが予想されます。

いっぽう、心労や体調不良、親の介護など家庭事情であれば、職場の環境を改善しても解決することは厳しいので承諾される可能性があります。

以上のように、派遣スタッフだからと言って絶対に契約期間中は辞められないわけではありません。それでも一度辞めてしまうと派遣会社からの信用は下がってしまうので、次の職場を紹介してもらうことは困難となるでしょう。この場合は、次の派遣会社に登録する必要があります。しかし、佐賀には派遣会社として実績があり評判がある会社は数が限られているので、あまりにも繰り返し途中退職を続けることはおすすめできません。一度やってしまった場合は次に再び繰り返さぬようしっかりと案件を見極めることが重要です。

★派遣は何歳まで続けるべきか★

派遣は、アルバイトと違って時給が高めで正社員の固定給よりも高いことだってあります。特に給与水準が低い佐賀のような地方ではよくあることです。その代わりに正社員は安定した雇用がありますが、それも昨今の経済状況では危ういですが。このように派遣は給与も良くて社会保険も加入できて、おまけに責任ある仕事が少ないから気楽で働けると好んで選ぶ人が多いのも事実です。しかし、派遣は最長3年までしか同じ職場で働くことができない不安定な仕事です。若いうちは契約期間が終わっても次の派遣先が比較的見つかりやすいので心配することはあまりないですが、年を取るについて問題になってきます。そこで考えるのが派遣は何歳まで続けるかと言うことです。経験やスキルそして資格があれば年を取っても派遣の仕事もありますが、30代後半を過ぎると徐々に難しくなってくるのが現実です。転職には35歳の壁という言葉があるくらいなので、派遣も35歳を過ぎる前に将来を見据えて正社員の道を検討していきましょう。派遣をしているとたまに正社員のオファーがあることも少なくありません。佐賀のような地方都市では人材発掘は難しく、派遣で頑張っている人がいればそのまま継続して働いてもらいたいと思うのは不思議ではないからです。30代でもし声がかかったら本気で考えて良いでしょう。ただし、職場の環境や人間関係に不満がある場合は別ですが。また、派遣で働く場合も紹介予定派遣も1つの方法です。直接雇用の可能性を拡げて若いうちから動いていないと、年を取って派遣の仕事がいずれなくなってしまう可能性もあります。独身の場合は自分で生活していかないといけないので、20代後半になったら正社員の道を考える機会と言って良いでしょう。ただし、定年まで派遣で働く人も実は少なくありません。その代わり自分がアピールできる経験や実績がない限りは、待遇や仕事内容で妥協が必要になってきます。派遣は魅力的な部分も多いですが、派遣で生きていこうと思ったら50代、60代になった時点で厳しい現実が待っていることが少なくないので、早めにステップアップを図っていくことをおすすめします。