★佐賀でも男性の派遣は見つかるの!?★

派遣の仕事というのはもともと、国内最大手のテンプスタッフやパソナなどの派遣会社が筆頭となり、女性の労働力を活用するという視点から事業をスタートしている節がありますので、派遣の仕事といえば女性がメインのようなイメージを持たれている方はいるかもしれません。佐賀でも派遣サービスを提供しているので大手の会社は知っている人も多いかと思います。また、派遣で最も需要が多い仕事がオフィスワークとなるので、オフィスワークといえば男性よりも女性の方が適性があるとみなされるので、女性のほうが需要があると思われがちなようです。しかし、厚生労働省の統計データによると、派遣で働く労働者の男女比率は男44.5%、女55.5%と男女差はほとんどないのが現状です。ですから、基本的にどの派遣会社でも男性でもなんの敷居もなく登録できますし、もちろん仕事もきちんと紹介してもらえます。派遣会社が男性向けに打ち出す求人より女性向けに打ち出す求人のほうが多くみられるだけで、男性の登録を嫌がったり男性の求人があまりないということではないようです。派遣会社が男性向けと大々的に打ち出す求人というのはあまり見かけないかもしれませんが、男性の需要があり、男性に人気のある職種というものがあります。先ほど紹介した厚生労働省の統計データによると、男性比率の高い職種は主に工場・製造・軽作業系、IT・エンジニア系のようです。佐賀は鳥栖をはじめ多くの企業が工場を設置しているので求人は豊富な傾向にあります。派遣の仕事をする際には、まず派遣会社にスタッフ登録をすることから始まります。次に仕事の紹介を受けたり、自分から派遣会社に応募した後、派遣先の合意があれば派遣契約を結んで就業スタートとなります。仕事上の打ち合わせを兼ねて就業先に顔合わせを兼ねた面談が行われることもあります。就業先が性別について指定がある求人もありますので、求人エントリーするときには派遣元担当者から就業先が求めている人物像を掴んでおく必要があるでしょう。ですから、性別で派遣の仕事に影響があるというより、就業先が今男性女性のどちらを求めているのか?といった求めに対して派遣会社が求人を打ち出しますから、事前に情報をリサーチしておくことが大切となります。派遣で働くメリットとしては、当然ですが派遣先の正社員より責任が少ないため、言われたことをこなしていれば仕事として成り立つというところでしょう。派遣と聞くと給料が低いイメージがありますが、以外とそんなことはなく、佐賀県の派遣の求人でも企業から直接でている求人より高時給の求人が多いですし、寮完備の高時給の求人や、入社祝い金がでる求人まであるようです。ただし、就業先の業績が悪化すれば契約を切られることも起こり得るため、職を失うリスクが常にあるということは頭に入れておきましょう。とはいえ、派遣会社との雇用契約期間満了までは仕事はできますし、万が一契約更新ができないときでと契約が終わる1ヶ月以上前に話があるので、次の仕事を探す時間はきちんとあります。次に、男性で、派遣の仕事が向いてる方はどんなタイプかといえば、きっちり時間通り帰りたい人、責任を負いたくない人、分単位できちんと給料が欲しい人などでしょう。また、派遣社員として働く男性で多いのが芸人や役者、フリーランスなど、自分の夢を目指しつつ仕事をしたい方が派遣社員として働くケースが結構多いようです。逆に、男性が派遣社員であると聞くと能力が低い、仕事ができないイメージも持たれる方がいるかもしれませんが、意外と能力を問われる求人もたくさんあります。専門知識を有するエンジニア・プログラマーなどはかなり高時給ですので、派遣社員なのに高収入な方もいらっしゃいます。ですから男性も女性と派遣会社からの需要はちゃんとあるのです。

佐賀で派遣する際の給与事情

派遣として働くとどういう雇用形態になるのか、どのくらいのお給料がもらえるのかなど疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。特に派遣で働くときの給与事情は一番気になるポイントです。派遣社員として働いている方が実際にはどの程度稼いでいるのかを大まかにご紹介しますので、今後派遣社員として働いていこうかどうかを検討している方は参考にされてみてください。派遣というのは、派遣会社が就業先の企業に働く人材を斡旋する仕組みなので、派遣会社に登録して仕事をする場合、派遣会社の社員となり派遣会社が斡旋した就業先で仕事をすることになります。お給料は就業先の企業ではなく派遣社員は派遣会社からお給料を受け取ることになります。ですから雇用保険や社会保険などは一定期間派遣社員として働けば派遣会社が手続きをしてくれます。気になるお給料ですが、派遣で働くお給料は仕事内容や派遣スタッフのスキル、経験によって異なります。更に、派遣会社と就業先の企業との契約によって派遣社員に支払う時給が決まります。派遣会社の腕次第で高い時給で取引が成立するケースもありますし、逆に安い給与でしか取引が成立しなかったときは派遣社員に支払うお給料も低くせざる得ないのです。勤務条件が同じような事務系の仕事でも派遣会社によって時給が違うのはこのような理由があると考えられます。ですから、派遣で働くときは必ず複数の派遣会社をチェックして時給の設定を比較することが大切です。登録型の派遣のお仕事の給与体系はほとんどが時給制となっていますので、お給料は時給×1日の労働時間×1ヶ月の働いた日数=1ヶ月のお給料となります。もし、残業をした場合は、割増計算となりお給料に上乗せされます。交通費が支給されるかどうかは、派遣会社と派遣先の企業とのやりとりによって異なりますが、交通費は時給に含まれているところが多く、別途支給されるというところは少ないようです。ですから、通勤時間や交通費を考えて、自宅の近くという条件でお仕事を探す方もとても多いです。派遣の仕事を探すときは、時給だけでなく通勤時間、勤務時間や残業の有無などもしっかり確認し、事前に月間でどのくらいのお給料になるかを採用担当にシミュレーションしてもらうことをおすすめします。

たとえば、時給が1,000円、勤務時間8時間、交通費5,000円と時給1,200円、勤務時間7時間、交通費なしで比較すると、

1,000円×8時間×20日出勤・・・

16万円+交通費5.000円=16万5千円

1,200円×7時間×20日出勤・・・16万8千円

となりますので時給がいいからというだけではなく交通費の有無など総合的に見て判断するといいでしょう。

このように、派遣社員として働く方々の約8割弱は時給制で働いていますが、実際に佐賀の派遣社員がどの程度の時給をもらっているのでしょうか。

時給は派遣会社によって異なりますし、職種やスキル・経験などによっても異なりますが、全体的な傾向としてご紹介します。派遣は企業が直接求人を出している一般的なアルバイトの時給と比べると時給は総じて高い傾向にあります。佐賀の事務・販売系職種の派遣社員の場合は、時給900円~1,200までの間で働いている方々が多く、製造・軽作業系職種の派遣社員の方々の場合、時給1,000円未満で働いている方々が大半のようです。時給1,500円以上の求人となると、専門職が多く、資格を持ってる方や実務経験がある方は高い時給で働くことができるようです。派遣として働くときは、まずは派遣会社に登録をしないと詳しい求人情報を教えてもらえないので、まずは気になる派遣会社に登録して求人の詳しい詳細を確認しましょう。派遣会社に登録したからといって必ずそこで働かないといけないなどはありませんので安心して登録に行かれてください。

★派遣のデメリットを知ったうえで働いてみよう!★

佐賀は地方都市であるため求人案件は都市部に比べると限られています。したがって、希望の業界で働くには正社員だけでなく派遣やパートも含めて幅広い選択肢の中から見つける必要があります。とは言っても派遣を正社員と同じように解釈してしまえば後々トラブルに発展したり、後悔したりすること間違いなしです。なのでまずは派遣のデメリットを知ったうえで働くようにしましょう。デメリットを事前に知っておけばそれに対処できる方法を見出せるからです。まず、派遣で最も大きなデメリットと言えば労働期間が限られていることでしょう。派遣には3年ルールというものがあり、同一の職場では最長3年しか働くことができません。企業は3年を超えて継続して働いてもらう場合は直接雇用に切り替えなければならないのです。これは正社員登用の活性化を狙った試みですが、実際は3年経てばそこで契約は終了となります。そもそも3年という長期の案件より半年更新の案件が多く、更新がなくて終わる可能性も少なくありません。この雇用の不安定さが派遣を躊躇する要因となっていることでしょう。ただし、1つの職場が終了しても人材派遣会社からまた次の派遣先を紹介してもらえます。したがって、継続的な就業は派遣でも可能なのです。次に派遣を経験した人が最も多く回答したデメリットは交通費の支給が無いことです。求人案件によっては交通費が支給されることもありますが、支給されないケースが意外と多いようです。交通費の支給の有無は契約前に確認できるので忘れずチェックしておきましょう。また、賞与は出ないと思っておいて良いでしょう。賞与は企業の業績が良い場合に従業員に支給される給与となります。雇用主が人材派遣会社である派遣スタッフは外部の人間となるため対象外となります。金銭面はトラブルになりやすいデリケートな問題なので事前にハッキリさせておくことが重要です。他にも重要な仕事は正社員に任されるため、単調な業務になりがちでスキルアップが思うようにできないという声もありました。しかし、派遣スタッフは1つの業界に留まらず様々な業界の職場で働けるので視野が広く柔軟なスキルが習得できると言われています。派遣も捉え方によっては正社員では経験できないような体験をすることが可能となります。ぜひ、働き方の候補入れてみてはいかがでしょうか。

★佐賀の雇用事情はどうなの?人材派遣でキャリアを磨いてステップアップ!★

佐賀県は九州の北西部、福岡県に隣接する地方都市となります。農業など第一産業が盛んな地域でビールの原料となる大麦や、今やブランド牛として全国的にも有名な佐賀牛で有名です。ただし、医薬品大手の久光製薬といった全国的にも有名な企業の本社があることでも有名です。地方都市なので佐賀県の平均年収は389万円と低いですが、物価がそもそも安いので東京など首都圏に比べると年収400万円程度でも生活に困ることはありません。気になる雇用情勢ですが、佐賀県の有効求人倍率は1.18倍と全国平均の1.43倍と比較すると非常に厳しい状態となっています。ちなみに福岡1.40倍、熊本1.50倍と九州の中でも特に低いのが分かると思います。したがって、限られた求人の中から自分が希望する職場を見つける必要があります。そのため正社員だけでなく、派遣も含めて幅広いワークスタイルで探し選択肢を増やすことが重要です。派遣は雇用の安定性に欠けると敬遠する人もいますが、紹介予定派遣など正社員への道が残された雇用形態もあります。また、残業などないため、プライベートの時間を大事にすることができ、家庭や資格勉強などと両立させることも可能です。佐賀県で働くには自分から積極的に行動に移して職場を見つける必要があります。また、派遣会社や転職サイトに登録する際は、複数のサイトに登録すると良いでしょう。1社に絞るより、まずは門戸を拡げて求人やサポートの質を見極めることが重要です。そして、各社を比較しながら最終的に1社に絞っていくと良いでしょう。佐賀県であれば、佐賀市や鳥栖市に企業が集まっている傾向にあり、求人案件も豊富です。オフィスワークなど派遣の募集がたくさんあるので、正社員志望の方もまずは派遣で経験を積むのも1つの方法です。

http://haken.ahc-net.co.jp/saga/