パーゴラNAVI※オシャレと利便性の両方が手に入る!

電動パーゴラシェードをお探しなら、OZTECHの製品がおすすめ

パーゴラとは

テラスやガーデン、駐車場の上に設置するルーフシステム(屋根)のこと。

キャンパス生地など柔らかい素材が使われることも多く、格納式システムなので必要に応じて開閉することができます。

元々は工場や倉庫などに使用されていましたが、近年デザインや機能性が高まり、住宅や店舗、テラス、プールサイドにも広く取り入れられるようになりました。

手動で開閉するシステムのものと電動式でコントロールできるシステムのものがあり、料金は異なりますが、電動式のシステムは手間がかからず、リモコン操作なども可能なので利便性が高いのでおすすめと言えます。

オーニングとパーゴラの違い

パーゴラとよく混同されるものにオーニングという製品があります。

オーニングはパーゴラと同じくキャンパス生地でできており、格納式で開閉ができるとパーゴラと共通の要素が多いですが、オーニングは日除けやひさしに分類されるものであり、パーゴラよりもオーニングの方はカバーエリアが少なくなります。

その分オーニングは施工も簡単で、場所をとらず販売費用も安い場合が多いです。

電動パーゴラを設置することのメリットやおすすめの用途

電動パーゴラやオーニングのメリットをあげると以下のようなものが挙げられます。

  1. 太陽熱を遮り温度調整ができる
  2. 冷房コストの削減
  3. 住宅や店舗の内装へのダメージを少なくする
  4. 周囲からの目隠しに

電動パーゴラのメリット①簡単操作で太陽熱を遮り温度調整ができる

電動パーゴラやオーニングを設置することで太陽光を遮ることができ、温度調整が可能になります。

季節によっては太陽光の角度も変わりますが、電動パーゴラであれば簡単に開閉することで太陽光の差込量を調整できるので、明るさもコントロールできるのは大きなメリットです。

電動パーゴラのメリット②テラスなどに設置で冷房コストの削減

電動パーゴラやオーニングにより太陽光を遮ることができ、住宅や店舗に太陽熱が伝わりにくくなるので室内の冷房コストを削減することができます。

データによると電動パーゴラやオーニングがあるのとないのでは冷房コストが3倍も違うというデータもあり、初期費用はかかりますが、長い目で見ると経済的とも言えます。

電動パーゴラのメリット③自宅や店舗の内装へのダメージを少なくする

太陽光は熱だけでなく紫外線も多く含まれています。電動パーゴラやオーニングはシェードが紫外線の室内への侵入を防いでくれるので、紫外線による家具や内装の劣化を防止します。

もちろん人体への紫外線による悪影響対策としても有効なシステムです。

電動パーゴラのメリット④周囲からの目隠しに

電動パーゴラを設置することで周囲からの、特に高い場所からの目隠し効果が期待できます。

ガーデンやテラスに設置されることが多いので、電動パーゴラがあればシェードの下で寛いでいても周りからの目を気にする必要がありません。

そういう意味ではプールサイドなどにもおすすめです。

おすすめの施工場所

電動パーゴラの設置場所としておすすめの場所もご紹介しておきます。

設置場所 おすすめ理由
カフェやレストラン、商用施設 太陽熱コントロール、雨よけ、商用利用可能エリアの拡大、ブランディング、省エネ、紫外線対策、視線対策
学校など教育施設 太陽熱コントロール、省エネ、紫外線対策、視線対策
住宅や医療、福祉施設 太陽熱コントロール、雨よけ、省エネ、紫外線対策、視線対策、クーラー病対策
禁煙スペースや屋外コミュニケーションエリア 太陽熱コントロール、紫外線対策
工場や倉庫、資材置き場 太陽熱コントロール、雨よけ、省エネ
駐車場 雨よけ、紫外線対策、汚れ防止

OZTECHの製品TERAやHARBOURをご紹介

OZTECH(オズテック)はオーストラリアの電動パーゴラシェード製品、オーニング製品、シャッター製品、などを取り扱うブランドです。

これまで既存の流通製品にはない、高い品質と機能性、デザイン性を兼ね備えた製品を販売しています。

OZTECHの電動パーゴラやオーニングは数多くの商業施設や店舗、自宅のテラスなどに導入されており、

電動パーゴラシェード製品やシステムとしてはTERAやHARBOUR、独立式電動パーゴラのTERA STANDINGなどを取り揃えており、非常におすすめです。

TERAやHARBOUR、TERA STANDINGなど各種の販売だけでなく各種電動パーゴラシステムの施工やシステムメンテナンスも請け負っており、信頼性が高いので是非一度OZTECHのHPで施工例や製品画像やsystem詳細をチェックしてみてください。

高級電動パーゴラはこちら

プロフィール

ファノ

ファノ

趣味は建物散策。近代的な建物から重要文化財まで様々なデザインに触れて感性を鍛錬中。

最新記事

特集記事

page top