★派遣を長く続けるコツ★

2018/12/13


派遣という働き方は、派遣会社から紹介してもらった派遣先企業で決められた契約期間働きます。
契約期間が満了したら派遣社員と派遣先企業の双方の同意があれば契約を更新して再度その企業で働きます。
自分の条件にあった職場で長く働きたい場合はやはり正社員として働くことをおすすめしますが、派遣という立場で同じ派遣先で長く働きたいと希望する方も多くみられます。
ここでは佐賀の派遣を長く続けられるためのコツ、気をつけたほうがいいのとをご紹介します。

まず、派遣として同じ職場で長く働けるかどうかは、どんな派遣先・仕事を選ぶかというところが一番のポイントとなります。
たとえば、繁忙期などの臨時的な派遣の場合や、産休代行などの限られた期間のみ派遣を依頼している企業では契約更新ができない場合が多いので長く働くことはできません。
臨時的な派遣は時給が高いことが多いので、すぐに飛びつきがちですが、契約期間のみしか働けないので契約が満了したら仕事を失ってしまいます。
ですから、同じ職場で長く働きたい場合は安易に時給の高さに飛びつかずに、雇用期間はどのくらいなのかを確認したほうがいいでしょう。

次に、派遣として複数の企業で働いた経験がある方や以前は企業の正社員としてバリバリ働いていた方は、経験値と実務スキルが備わっているので実務経験はフルに活用して働くことができますが、前職ではこうだったなど前職と比較しがちになります。
前職のルールや風習と比較してしまうと不要なトラブルのもとになりますので、前職のルールや風習はリセット初心に戻るくらいの気持ちで働くことが長く続けるコツといえるでしょう。
どんな仕事でも誠実に真面目に仕事に取り組むことは基本中の基本となります。
常にスキルアップしていく姿勢を持って仕事に取り組むと派遣先での立派な戦力となるので、派遣先企業からしたらずっと雇用したいと思い、契約更新の可能性が高くなるでしょう。

更に、職場の方たちとのコミュニケーションも大切となってきます。
しかし、派遣先の社員の方や、同じ派遣として働く立場の方たちと仲良くすればいいというわけではありません。
深か入りして付き合ったためにややこしい人間関係に巻き込まれることもありますので、職場の方たちとはほどよい距離感を保つことも長く続けるコツといえるでしょう。

プロフィール

ラッキースター

ラッキースター

自然豊かな地元佐賀が恋しくなり東京からUターンしました。丸の内OLから今は派遣として地元企業で働いています。