★佐賀県鳥栖市でも多く見かける人材派遣と紹介予定派遣の違いについて★

2018/12/13


企業や工場が集まる佐賀県鳥栖市で派遣の仕事を探すときには、派遣会社の求人の中に紹介予定派遣という言葉を目にすると思います。
人材派遣と紹介予定派遣とはいったい何が違うのか知っている方はあまりいないのではないでしょうか。ここでは、人材派遣と紹介予定派遣の違いについて解説します。

まず、人材派遣というのは、正社員や契約社員、パートのように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社との間で雇用契約が結ばれます。
これに対して紹介予定派遣とは、一定期間派遣として働きますが、期間満了後は派遣先の企業と直接雇用を結ぶことを前提とする派遣のことです。
どういうことかというと、一般的に就職をしたら最初の数ヶ月は試用期間となる場合が多いですが、それと同じで派遣期間を試用期間と考えて、企業はこの試用期間を通して紹介予定派遣としてきた派遣社員を直接雇用するかどうかを判断するのです。

直接雇用を前提として働くからといって必ずその就業先に雇用してもらえるわけではなく、あくまでも試用期間ですので、派遣期間中に企業側から直接雇用を断ることもありますし、逆に派遣社員として働く中でこの企業とは合わないと感じれば、直接雇用を断ることもできます。
通常の就職では働く側も企業側も断りにくい状況なのですが、紹介予定派遣ならお互いが判断しやすいのです。

紹介予定派遣は派遣会社を通して仕事を探すので、自分だけでは探せなかった企業に出会えたり、就業先との相性も測れますし、転職活動にかかる労力や時間も節約にもなります。
紹介予定派遣として募集されている仕事内容は通常の人材派遣の仕事内容と違いが大きくあるかといえば、そうではありません。
紹介予定派遣と人材派遣の大きな違いは、派遣期間後に正社員や契約社員として働くことを前提としているかどうかという立場の違いだけなのです。
通常は、就業先に派遣社員として企業で与えられた業務を行うのに対し、紹介予定派遣の派遣期間は正社員登用や直接雇用のための試用期間として与えられた業務を行います。

また、紹介予定派遣と派遣の違いは事前面談があるか、ないかというところもあります。
人材派遣で働く場合、派遣前に就業先の企業と派遣社員が事前面談をすることは禁止されています。
一方、紹介予定派遣となると派遣期間後にその就業先の正社員や契約社員として採用されることを前提とした派遣となりますので、企業側からしても事前に選考を行う必要があります。
そのため、企業から履歴書の確認や、企業側との事前面談が行われるのです。

次に、人材派遣で働く場合、派遣期間は定期的に更新をしなければなりませんし、厚生労働省の派遣法によって派遣として同じ就業先に働ける期間は最大で3年以内と定められています。
これに対して紹介予定派遣は正社員登用や直接雇用を目的として試用期間という扱いになるため、派遣期間は最長で6ヶ月となっています。
派遣期間の終了時には、就業先側は直接雇用するか、断るかの判断を行う必要があります。

また、人材派遣の場合、就業先が派遣社員を直接雇用したくても派遣社員は派遣会社の所属であるため、派遣期間中に雇用契約を結ぶことはできませんが、紹介予定派遣は企業への雇用が前提であるため、両者の合意があれば派遣期間内でも直接雇用することができます。
その場合、就業先の企業は派遣会社に人材紹介の相場の手数料を支払う必要があります。

このように、人材派遣と紹介予定派遣は派遣として働く期間は業務内容などに変わりはありませんが、雇用の形態などはさまざまな点で違いがあるためこれらのことを考慮したうえで派遣の仕事探しをされるといいでしょう。

プロフィール

ラッキースター

ラッキースター

自然豊かな地元佐賀が恋しくなり東京からUターンしました。丸の内OLから今は派遣として地元企業で働いています。